公益社団法人 石川勤労者医療協会 一般事業主行動計画

 

計画期間 平成28年4月1日~平成33年3月31日

 目標と対策

1.雇用環境の整備に関する事項
(1)子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備
  ①育児休業をしている労働者の職業能力の開発及び向上のための情報提供
【対策】休業中の職員に対し定期的な面談等で状況把握と職場状況・研修等の情報提供を行う。
  ②育児・介護休業法に基づく育児休業等、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に
   基づく産前産後休業など諸制度の周知
【対策】職員共済会のニュース等で周知を図る。また、労働組合への情報提供を通じて労働
    組合員への周知を図る。

(2)働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備
  ③所定外労働の削減のための措置の実施
【対策】ノー残業デー等の導入・拡充や事業所内の意識啓発等を実施する。
  ④年次有給休暇の取得の促進のための年一回の措置の実施
【対策】有給休暇取得数の統計と分布を把握する。また永年勤続者への旅行券の配布、文化
    レクレーションに対する費用の一部補助を行う。
  ⑤多様な働き方の選択肢の拡大
【対策】短時間正社員制度を導入する。

2.1以外の次世代育成支援対策に関する事項
(1)労働者が子どもとの交流の時間を確保し、家庭の教育力向上を図るため、企業内において
  ⑥家庭教育講座等を地域の教育委員会等と連携して開設する等の取り組みの実施
【対策】患者会が主催する食物アレルギーの学習会に職員も参加し交流をすすめている職員教育に
    教員経験をもつ講師を招いて子育て・教育に関する研修会を実施する。
  ⑦若年者に対するインターンシップ等の就業体験機会の推進
   高校生・中学生に対するインターンシップや職場体験等の就業体験の機会を提供する。

3.女性活躍推進に関する事項
(1)女性が働きやすい環境づくり 
  ⑧平成33年3月までに各部署の女性割合を2割以上にする取組の実施
【対策】男女比で偏りのある部署の洗い出しや問題点の分析、対象者からのヒアリングを行い
   各部署と連携をとり、働きやすい環境へと改善していく。