治療のご説明

 一般歯科

image93乳幼児からお年寄り、障害をお持ちの患者様まで歯とお口に関する病気の治療を行います。
虫歯治療で、歯に詰め物をしたり、さし歯を作ったりします。歯がない部分は入れ歯を作ります。
歯周病(歯肉炎、歯槽膿漏)で歯肉が腫れたり、歯がぐらぐらになるのを防ぐ治療で、歯石除去、歯ブラシ指導が中心となります。

 

小児歯科

小児、乳児の虫歯治療、歯ブラシ指導を行います。
小さい虫歯は進行止めの薬を塗ったり、最小限に削って詰め物をします。
生えたての歯の溝は虫歯になりやすいので、歯の溝をプラスチックで埋めることもあります。半年に1度のフッ素塗布を行います。

 

口腔外科

通常の抜歯から、歯肉に埋まった親知らずの抜歯まで行います。
歯肉や歯の根っこの周りにたまった膿を外科的に出して消毒、洗浄します。

 

ご案内

みなさまのご希望により自費診療のご相談や共同組織との取り組みも行っています。

 

歯を失う原因の第1位が歯周病です。一生自分の歯で食べるためにも歯周病の予防は大切です。城北歯科では、歯周病の治療・予防に重点をおいています。ここでは城北歯科で行っている歯周病治療の流れをご紹介します。

 

sisyubyoimg

 

治療が終わったら定期検診を受けましょう

歯周病という病気は、治療をして歯ぐきが良くなったらそれで終わりではありません。治療が終わってそのままにしておくと、せっかく良くなった歯ぐきはまた悪くなってしまいます。そのため歯周病の治療が終わったあとは、お口のメンテナンス(定期検診)が大切になります。

城北歯科では、治療が終わった患者さま全員に定期検診をおすすめしています。定期検診のご案内はハガキでお知らせしています。定期検診はお口の状態によりますが、3~4ヶ月ごとに行ないます。歯科衛生士の担当制で行なっています。 定期検診では、歯ぐきの検査、歯石取り、歯磨き指導、生活指導、そしてお口全体のクリーニングなど行ないます。

歯周病の治療・予防は、患者さまが行なうおうちでの歯磨きと、歯科医院での歯石取りやメンテナンスの両方が必要です。このどちらかが欠けても歯周病の治療・予防は成功しません。
歯周病が気になっている方、悩んでいる方、なんでもご相談ください。城北歯科では患者さまのお口の健康を守る手助けをしていきたいと思っています。

 

 

歯周病の治療と予防

image125歯周病の治療は、様々な症状に合わせた適切な方法が必要となってきます。歯ブラシで治せるものから手術が必要となるものまで…。いずれにしても歯周病の治療には、根気と時間が必要となります。

  歯周病にならない、負けない、克服することは、基本的な手入れの方法を知って実行することが大切!!また定期的に検査を受けて早期発見、早期治療を心がけましょう。

 

歯周病セルフチェック

歯石がついている
歯ぐきがはれている
口の中がネバネバしている
歯ぐきがピンクではなく、赤か赤紫色である
歯が浮くような感じがする
歯をみがくと出血することがある
以前より歯が長くなったように感じる
口臭がする
硬いものが咬みにくい
歯のすき間が大きくなったように感じる
歯がグラグラする